長野市 産後の骨盤矯正 - 長野市整体「やぐち からだ研究室」

HOME > からだコラム > 長野市 産後の骨盤矯正

長野市 産後の骨盤矯正

産後に「骨盤矯正」することは?

女性にとって出産は新しい生命の誕生ですから大きな喜びですが、それと共に体には想像以上の大きな負担を与えてしまうものです。
特に骨盤には大きな負担がかかって、妊娠・出産で緩み開いた骨盤は自然に正しい位置に戻ることは少なく歪んでしまうことがほとんどと言われています。
その結果、産後の様々な症状に悩まされてしまうことになるので、元気なお母さんをつくる為にも産後の「骨盤矯正」は必要不可欠と言えるでしょう。

では出産後の骨盤はどのような状態なのでしょう。
妊娠すると出産するために「リラクシン」と言うホルモンが分泌されるために、骨盤をはじめ全身の関節・靭帯・筋肉がやわらかくなります。
出産後にホルモンの分泌は減少しますが、その影響が残っている状態で無理な姿勢で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりすると産後の骨盤が歪んでしまいます。

また先に触れたように出産によって緩み開いた骨盤が、歪みの全く無い状態で自然に閉じることはほとんどなくて、特に恥骨の結合部分に歪みが生じてしまいます。
その恥骨の結合部分の歪みをそのままにしておくと骨盤周りや股関節などに痛みが起こる要因になりますし、骨盤底筋郡が緩む原因にもなります。
「骨盤底筋郡」はハンモックのように骨盤の底を支えるインナーマッスルで、子宮・膀胱・大腸などの臓器を支えているので、骨盤底筋郡が緩むと尿漏れ・便秘・冷え性などの原因になります。

このような症状が起こらないようにするためには産後の「骨盤矯正」がおすすめで、その時期としては産後2ヶ月~6ヶ月の間に行うと良いと言われています。(ただし諸説があります)
その理由は、妊娠7週目頃から関節を柔らかくする「リラクシン」と言うホルモンが分泌されて出産の準備を始めて、産後は徐々に分泌量が減少します。
その為に、産後1ヶ月~2ヶ月頃までは関節がまだ軟らかい状態ですが、それを過ぎると徐々に元の硬い状態に関節が戻ってしまうのです。
つまり、まだ関節が柔らかいうちに集中的に歪んだ骨盤を整えことがおすすめなのです。

また産後に「骨盤矯正」することは、産後の様々な症状を改善するだけではなくて、悪い姿勢や生活習慣などで骨盤が歪むことで妊娠前からある慢性的な症状も治療することができるのです。
つまり、産後は一生のうちで体の歪みをリセットする最大のチャンスとも言えるのです。

しかし、この時期を過ぎると「矯正の効果がない」と言うわけではなく、いつでも骨盤の歪みを改善することで様々な症状を解消することは可能です。
ただ、骨盤が柔らかいうちに「骨盤矯正」する方がベストで、しかも産後の辛い症状が改善されて楽しく育児に専念できるからおすすめなのです。
そしてお母さんが元気であることが何よりも赤ちゃんの元気につながるので、産後に歪んだ骨盤を正しい位置に調整することを心がけると良いです。

ただ、あくまでも先に触れた時期は目安であって、産後の体調と相談することが大事です。
無理のない状態で適切な施療を受けることが大切です。

やぐち*からだ研究室では、施療の痛みがないオールハンドの優しい手法で、あなたの身体を良い方へ導いていきます。
他に類を見ない施療をまず一度、体験してみてください。



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!


ホームページ特典


「ホームページを見た」と言ってくだされば、「1000円引き」で受けられます。

電話: 026-296-2000 メールでの問い合わせ


PageTop

メニュー
会社概要

長野市 整体
「やぐち*からだ研究室」


住所 : 〒381-0006
長野県長野市富竹470-2


電話:026-296-2000
携帯:090-5823-9292


【営業時間】
9時~18時
(出張 9時~22時)


【電話受付】
8時30分~17時


【定休日】
不定休


【最寄駅】
長野電鉄 朝陽駅
徒歩10分


【駐車場】
駐車場完備


【出張施術】
出張有り (男性は女性と一緒の場合のみ可)


カテゴリー
新着記事


長野市 整体「やぐち*からだ研究室」
  • 住所:〒381-0006
    長野県長野市富竹470-2
  • 026-296-2000